男性女性

目的に合ったコースを選ぶ

調理師の専門学校にはさまざまなコースが用意されているため、興味のある料理の世界について集中的に勉強することが可能です。昼間だけではなく、夜間コースもある専門学校もあります。

スイーツ

学校に通うことの魅力

製菓のプロになりたい場合は、専門学校で実践的に学ぶのがおすすめです。特に一流のパティシエから学べる学校であれば、身に付く力も大きく、将来即戦力として活躍することが期待できるでしょう。

合格率が高い学校を選ぶ

食材

調理の道に進みたい人が選ぶ選択肢の1つに専門学校に通うことがあります。調理の世界は、さまざまな入り方があるので、必ずしも学校に通う必要はありません。もちろん専門的に職業としていくのであれば、学校で学んで調理師免許を取得するのが一番です。自己流で料理を続けていても、すぐに壁にぶつかってしまうはずです。やはり料理の基礎をしっかりと身に付ける必要があるのです。また、料理は味にこだわるだけが料理ではありません。健康な身体づくりには欠かせないことになります。そのため、食材の栄養学なども学んで、栄養バランスの良い料理を提供できるようにしていく必要があります。また、食品の扱い方によっては、命の危険に関わることがあります。食中毒の問題や、フグなど毒がある食品について、さまざまな知識を覚えることが重要です。お客さんに安全で安心な料理を届けるために衛生的なことについても学んでいくことが求めらるのです。そうした知識は独学で学ぶこともできますが、やはり調理の専門学校でしっかりと教わった方が身に付くでしょう。テストなどを繰り返し、また資格を取得するなどして勉強することで、調理人として独立しても知識を役立てることができます。調理の専門学校によっては生徒がほぼ全員資格試験に合格して資格を取得しているケースもあります。そうした高い合格率を誇る専門学校に通えば、高いレベルの知識や技術を覚えて、資格を取得することができるはずです。また、卒業後も就職などサポートを期待できる調理の専門学校が人気となっています。

パティシエ

スキルを高めるために

スクールに通ってパティシエを目指す人は多いです。スクールでは、確かなスキルを早く覚えることができますし、コンテストなどに出てさらにレベルアップをはかることも可能です。